ホース

f:id:goldencat-cherry:20210704154041j:plain

毎日、お暑うございます。

検査入院という事で、この水曜日には帰宅することになっていたのですが、結局、夫は明後日、月曜日には手術を受けることになってしまいました。

凄く残念、そして、心配してますが、お医者さんにお任せするしか仕方ないです。

My husband is going to be operated. 「手術を受ける」です。

英語では、もう決定されていることなので、未来系のwillの構文にはなりません。

さて、hoseのお話です。

watering 水やりのhoseホースが活躍していますか?水やりは夫の仕事だったのですが、夏の間中、私の仕事になりそうです。枯らさないようにしないと。夫が大切に育てている花、木なので。

stockings、 socksなどを総称して hoseと言う事でお話したいと思います。

hoseと houseは、もともと skeu 覆う( sky空ももともとノルウェー語ですが、原義は同じです)と言う言葉から出きあがっており、この言葉のもうひとつ前の言葉はhus(囲いと言う意味)で、今もノルウェー語ではこの形が残っています。

ノルウェー語のhus は家のことで、英語にもhusband として、ちゃんとした英語の言葉になっているのは皆さんもご存じのとおりです。もっともhusbandはもともとは農夫のことですが。

ドイツ語ではhoseはズボンの意味です。英語にも同じ言葉がズボンとしてありますが、どちらかと言うと、半ズボンのようです。

hosierは靴下、肌着類製造(販売)業者のことです。

17世紀の作家、よく知られている「ロビンソンクルーソー」を書いたデユフォーもそんな家業をしていた人です。

余談事ですが、この作家、ちょっと格好を付けたかった人のようで、もともとはただのフォーさんだったのですが、フランスのnoble man貴族のようにふるまいたくてdeをフォーの前に付けてしまったってわけです。

hoseと言えば、感覚的に筒になっているものを想像します。 hoseがズボンのことだということも一昔前の(?)ズボンの原型が hoseだったということで理解できるような気がしませんか?

つまり、ソックスとズボンはつながっていたのです。

今、レギンスなんていうものは若い人が着衣するもの?それとも赤ちゃん用でしょうか?何代か前には絶対赤ちゃんのものだったような気がしますが。

 

言語 は変化する

f:id:goldencat-cherry:20210729072332j:plain

日本人はどうも長い言葉を短くしてしまうのが好きみたいですね。

air conditionerは air conにしてしまったり。

もう3年ほど前のことです。イギリスの友人から手紙の中にair conのことが書いてありました。 air conditionerではなく、 air conと書いてあったのです。ついに日本語英語 Japanese-Englishがちゃんとして英語として通じる様になったかと嬉しく思いました。そして、隣町に住むイギリスの友人にその話をしたのですが、その人、曰く「その air conと書いた人は日本に来たことがあるだろう」でした。

隣町に住むそのイギリス人は、もう来日して30年ほどになる人です。イギリスで喋られている英語とは離れてしまっていて私には「今浦島状態」なのではないかと思えました。

私が英語の学習を始めた時には、Have you a cat?といった風に習ったのに、今では Do you have a cat?と言う方を中学では教えているし、イギリス英語の方も Have you got a cat?と言うようになったと。

夫の友人で30年よりもっと長くイギリスから離れているイギリス人は、自分が若い時には、実際、Have you ~?と喋っていたと話しています。

今、中学でまず最初に習うNice to meet you.「初めまして」も、私が中学生だったころは How do you do?でした。

現在、この「初めまして」は改まった席で使用する、と記述された本もありますが、「死語になってしまった」とまで書かれている本もあります。さき程のイギリス人は、もうそんな言葉は誰もしゃべらない、などとも言っています。

本当に言語って日々変化しているのですね。

ところで、air conditionerという言葉、暖房機のつもりでその言葉を冬に使ってしまうと大間違いになってしまいます。それはあくまでも空気調節の機械という意味の言葉なのです。ただしくは、heaterです。

Rumaniaと言う国

f:id:goldencat-cherry:20210725101154j:plain

Rumania の人々の言葉でRomaniaと言うのが正式な国名だそうです。

東欧にあってSlav系(Slavとは slave奴隷の語源だそうです。昔、 slaveがたらなくなったら東欧まで出かけて確保していたとか。残酷ですね)ではない、と言うのがこの名から理解できますよね。そして、Italyの Roma と関係あることも。

だから、彼らの喋る言葉もスラブ語ではなく、ラテン語に近い言葉だという事です。

ローマ人たちは自分たちを Roman Empire 、つまりローマ帝国の末裔だと思っているそうですよ。

彼らの国家「目覚めよ、ルーマニア人」には♪今こそ世界に示そう、今でも我々の手にはローマ人の血が流れていることを・・・♪とうたわれてたわれているとか。

Roman Empireの時代には多くの地域がその版図の中にあったわけでその版図の地域はRomaniaだったわけ。

だから、ルーマニア人の言わんとすることも分かりますよね。

写真はルーマニアの民族衣装です。どこの民族衣装も美しいですね。

「はれの日」に着る服だと思います。

ノルウェーに住んでいた時(7年住みました)、一度着物を着て街に出かけたことがあります。日本に住んでいた時には自分一人で着物を着衣したことがなかったのに、やはり日本人だ、自分でそう思ってしまいました。

私はヨーロッパのほとんどの国には旅したことがあるのですが、ルーマニアにはありません。

ラーメン日和

f:id:goldencat-cherry:20210726181959j:plain

家族が留守で自分だけの食事を作るとなるとどんなものをつくりますか?

夫が検査入院で留守なもんで,本日は娘とお昼はラーメンを、という事にしています。

随分長いこと食べていませんでした。

考えてみると、夫は日本の麺類はあまりご所望ではないのです。スパゲッティならO.K.なんだけど・・・。

ノルウェーでも日本の麺が売られています。私が住んでいたころはありませんでしたが。20年くらい前でしたか、ついにラーメンが友人の家の食卓にあるのを発見したのは。

そこの家のティーエージャーの息子がラーメンをゆでていました。

ただし、出来上がってお皿の上にのせて、それからが「やっぱりか!」でした。

ラーメンの隣に、ノルウェー人にはなくてはならない大きなジャガイモが2個添えてあったのです。

その家の奥様はほとんど料理はしません。ずうーと旦那さんの方がどんなことがあっても、パーティでもなんでも、料理、お菓子作りをしていました。

奥さん、曰く「私は料理が嫌いだから」でしたが、それでいつも通るのならまあいいですよね。

息子娘が2人ずついますが、彼らが成長してからは彼らも上手に料理をしていました。

Norwegian husbandノルウェーの旦那さんたちはよく家事をします。

彼らは何でもできるって感じです。

徴兵の義務があるのでそれに参加しているときに料理、ケーキ、パン焼きの仕方、などなど、全部習得するようです。中には編み物、レース編みまでできる様になって家に帰る人もいるとか。

 我が夫は結婚前は一人住まいで何でも自分でしていたはず、ノルウェーに住んでいた時、パーティと言えば率先して掃除とか料理とかしていたのに、今はさっぱりです。

典型的な日本の亭主関白になっています。

だから日本の方が居心地がいいのでしょうか?

 

ハート heart

f:id:goldencat-cherry:20210726134031j:plain

How are you?

こう聞かれたらFine.と答える様にと習いましたよね。

でも、本当は何でも自分が感じることを言って良いのですよ。

疲れている Tired. 幸せ Happy. 凄く快適 Super. とかね。

海外の友人に言われたことがあります。日本人にこの挨拶をするとFineと皆が答えるって。

さて、夫は今日から検査入院です。この5月に心臓が悪くなっていると判明し、即入院しました。手術しなければならないほど重症ではないことを信じています。

ところで、心臓はたいていの人が知っているheartですが、医学用語では元フランス語を使ってい ます。

cardio心臓、 cardio心臓の、cardiography心電図と言う風にです。

体の部位を表す言葉は多くのもとフランス語がつかわれているように感じます。

歴史で習ったmanufacture手工業は、manuで手を表しています。指の爪にマニキュア

manucure,足にはpedicureて言いますものね。

pedeは足です。ペダルpedal, 歩行者pedestrianなどとありますものね。

面白い言葉はcentipede 百の足(ムカデのことです)。

centiの方はまず小学校の算数で習いましたが、センチのことです。1meterは100 

centimeters(日本語ではセンチでストップですが)あるって習いましたよね。

だから1世紀 one centuryは100年です。

私は私で、今日は歯医者さんdental clinicに行ってきました。

dentalとは歯のと言う意味ですが、これも元々はフランス語です。英語ではtooth あるいはteethですものね。

こんなにもたくさん英語の中にフランス語が入っています。

頑張ればフランス語が喋れるようになるかもですね!!!

比較級、最上級について

f:id:goldencat-cherry:20210710135823j:plain

 比較級、最上級のお話です。

学校では、それぞれ何かと何かを比較した時、あるいはそのくくりの中で最も上に位置するものに対して使うと習いました。

er, estは短い、 more, most は長い形容詞、副詞に使うと学習しました。

しかし、厳密には違います。英語の半分は元フランス語ですが、もともとがフランス語の形容詞、副詞に対応するのがこのmore, mostです。だから、 chic(シックな、あか抜けした)と言う言葉は一母音しかない単語ですが、more, most を使います。

同様にquiet(静かな)も more,most型です。ただし、この言葉は er, est型もあります。

最上級に付けなければならない、と習ったtheももちろん付けなければならない理由があるのです。そのくくりの中で「一番上」(とか下とか、良いとかなど)なので「一つしかないもの」という事でtheが必要なのです。

学生生活を離れて随分経ってから、この理屈を知りました。こういうことを中学校で教えてくれてたらもっと分かりやすかったのにと思ったものです。

ほら、the sun, the moon, には付きますよね。ただし、theの決まりとして、人間の手で触れることができるものだけです。hell地獄, heaven天国, society社会などには付きません。

東京オリンピック Olympic Games

f:id:goldencat-cherry:20210719125419p:plain

 コロナ禍でどうなるのかと思っていましたが始まりましたね。

知り合いにも気合を入れて何年も前から一生懸命になっている人がいます。

英語教室の生徒さんですが,クラスには10年間参加され、一昨年、次の目標を目指して退会されました。次とはこのオリンピックです。ボランティア通訳として東京まで行かれることは決定していたのですが、昨年は、私もどうなることかとやきもきしていました。今は、張り切って東京まで出かけられていらっしゃるようです。

現在72歳の男性です。本人も国体でメダルを獲得したりの経験がある方なので英語も話せるようになったし、今大会には思い入れがあるようです。

何年も前のことになりますが、聖火リレープサンで見たことがあります。という事は韓国でオリンピックがあった年に夫と私は韓国へ旅していた、という事ですね。

でも、リレーに対しての、熱狂的な韓国の人たちのすごい応援の中、私たちは煙だけを見た、と言うのが実際のところでした。

ロンドのリンピックがあった年の春には、イギリスに旅しており、聖火リレーを目にすることができました。名前は忘れましたが、走っていたのは有名なアスリートだという事でした。

それから、ノルウェーのリレハメル(ノルウェー語ではリレハーマーです。lilleとは小さいという意味です。その街のすぐ隣にHammarと言う町があるので。ちなみに、もう亡くなりましたが義母はその町の近くに住んでいました。)で冬季オリンピックがあった時には、ノルウェーに行っておりました。オリンピックが済んだ次の日に帰国の途に着いたのですが(その時は私は一人で行っていました)、オスロ空港までの道、あれ程の数のタクシーが走っているのを見たのは初めてでした。

空港では問題を起こしたあのTonya Hardingがジャーナリストにインタビューを受けながら、私の前を通り過ぎるのを見たり…いろいろなことが起こりました。彼女、意外と小柄な人でしたよ。

Luft Hansaドイツ航空に乗ったのですが、フランクフルトまで日本、長野市の市長さんご一行とご一緒でした。オスロ空港では一緒に写真を撮らせていただきました。

ご一行はフランクフルトからは東京便に乗り換えられ、私は関西行の便だったのでそこでお別れしましたが。

娘のオリンピックの思い出はもっとでかい、と思います。

彼女は中学生時代にある懸賞に当たってバルセロナオリンピックに行き(パリのディズニーランドにも連れて行ってもらってます)北京オリンピックではまたもや・・・でした。