How to learn languages 語学の学び方…塾なんて行かなくていい!

f:id:goldencat-cherry:20211119192504j:plain

語学の学び方の最善の仕方、最短の仕方って何でしょうか?

初めに言っておきますが最短の方法なんてありません。

同じ方法をしても人それぞれ頭に入る速さは違うという事もありますし。

そして、大間違いは、英語のクラスにさえ行けば英語が身に付くと思っていること。
ネイティブの講師に教えてもらったら英語が身に付くと思っていること。

英語さえ話せれば、要するに海外からやって来たネイティヴならいい講師になれる、と思っている人がいたらそれは大きな間違いです。

以前、私の知り合いで旦那さんは英国人、日本に一緒に帰って来て、即、大手の語学学校の講師になった・・・なんて、それでネイティヴだからとありがたがられるなんてとっても変です。

ネイティヴはただ英語が自由にしゃべれるだけです。

何も考えず英語をしゃべっているだけです。

だから大金をかけて有名な語学学校に通ったと言って身に付くかどうかはその学び手次第です。

英国などに留学しても本気にならなければ永久に身に付かないでしょう。

以前、ある英語教材の宣伝でシャワーの様に英語を聞いてさえいれば、英語が理解できるようになる、などと言っていましたが、そんなことが起こるはずがない!

もし、それが起こるとしたら、そのレッスンを始める前に、かなりなレベルの英語をインプットしていることです。

考えても見てください、

子供たちがどのようにして言葉を身につけていくか。

生まれたての赤ちゃんに何か月も…赤ちゃんが言葉を喋り始める1年としましょうか・・・ずっとアラビア語を聞かせていて、同じようになんとか言葉が喋れるようになると思いますか?

その意味が分かっていないから永久に無理です。

シャワーのように聞いていて力が付いてくるとしたら、それは聞こえてくる文章の意味を分かっているからです。

心にとめて聞いて自分も同じ発音で喋る事が出来ないと、いつまでも聞き取りはできません。

たいていの英語クラスのレッスンというものは1時間だけ。

年に48レッスン、48時間ですよ。

48時間と言えば、2日だけです。

これで英語が身に付くのだったら英語だけではありません、どんな言語だってしべれるようになるでしょう・・・

そんなことがあるはずがないではありませんか。

そんなビジネスにかかわっているビジネスマンはまmaking good money すごく稼いでいる、という事になります。

48時間で語学を身につけようとしたら相当な努力が要ります。

48時間と言わなくとも、語学学習には努力が必要なのです。

中学で一番最初に習ったことが基本です。

幸い、誰でも中学、高校でたっぷりと基礎は入っているので、後はそれを思い出しながら努力をするだけです。

勉強法としては、私がいつも生徒さんに勧める事は日記をつける事。

するとたいていの人は毎日同じことの繰り返しだから何も書くことがなくて・・・と言われます。

それでいいのです。

というよりそれが大事なのです。

I got up at 6. It's rainy today. などなどです。

それが、最初は考えながら書いていたものが、そのうち日本語などの文を考える事もなく、すらすらと英語で描けるようになります。

また、家事をしながら自分が何をしているか英語で行っていればいいのです。

I'm washing dishes. I'm cleaning the living room.などという風に。

これも日記と同じです。

毎日、同じことでいいのです。

繰り返し繰り返し同じことを言っているうちに、すらすら英語が喋れるようになります。

それも最初から難しいことを喋ろうとする必要はないのです。

散歩などされる方は、最初はThis is a car. I see a flower.などという文でいいのです。

歩きながらそんなことをぶつぶつ独り言を言っていればいいのです。

これがスムースに言えるようになったら、少しずつ何かを付け足して喋る様にします。

また、過去形や未来形に変えて行ったらいいのです。

焦ることはないのです。

数字もぶつぶつ呪文のように言っていれば、いつの間にか何も考えずとも喋れるようになります。

また、行きかう車のバックナンバーなどを即座に英語で行ってみてもいいでしょう。

CDを聞くのもいいことです。

ネイティヴの発音に慣れることは日本にいる限りCDが一番いいと思います。

繰り返して聴けますから。

また、その音をまねることです。

自分が音を出せない限り相手が言っていることは聞き取れません。

私は最近duolingoでフランス語を始めました。

1日に10分くらいなものですが、この学習法は絶対おすすめです。

身に付きます。

生徒さんが「年だから覚えられない」なんて言うのですが、そんなことはありません。

欲張るからです。

語学の学び方・・・長くなりましたので今日はこれで。

まだまだ続編があります。

萩への旅

萩へ旅してきました。

下の写真は城下町の一角です。

下関にも城下町長府という観光客、中国や韓国の人たちもまず訪れるところがあるのですが、やはり萩の城下町はスケールが違いました。

落ち着いていて散策、ただの散歩でも心が安らぐようなところと思いました。

私は元々山口県民ではないのですが、この地,山口を気に入っています。

何しろ、幕末には日本を引っ張って行っていたところですから。

人々の心は故郷の人たちよりおおらかなような気がします。

萩の人たちもすごく親切だった・・・。

下の写真は長州5の面々です。

彼らがどれほどに日本の発展に貢献したか、もう一つ下の写真、明倫館を訪れ沢山習ってきました。

明倫館て日本の典型的な学舎の形なのでしょうか。

私の小学校も形はよく似ていたなあ、と懐かしく思いました。

それにしても、幕末に密かに日本を抜け出して大英帝国まで行った彼ら、すごいですよね。

彼らを応援援助した長羽藩も素晴らしかったと思います。

日本の将来をひたすら思い、彼らは英国に赴いたのでしょうか。

そして現地ではどれほどのカルチャーショックがあったのでしょうか。

それともがむしゃらに新しいものを吸収しようとし、それらはショックではありえなかったのでしょうか。

物見遊山とは違う確固とした信念のもとに行われたものだったと思います。

下関から萩まで行くには山陰線でなのですが回も乗り換えをしなければなりませんでした。

時間ばかりかかって不便です。

ゴールデンウイークが終わると快速も走らない(1日1本だけ)、と聞いていたのですが、駅に行くと、土日祝日は走っている、と言われました。

しかし、その日のはもう出た後で乗れませんでしたが。

快速と言っても山陽線、関西などを走っている快速とは全く違います。

何しろ、それが一番萩には早く着ける列車で、快速でも指定席券が新幹線と同じだけ要ります。

面白いのはこの快速の名前で「○○のはなし」というのですが、どういういきさつでそんな名前になったのでしょうか?

想像つきますか?

下の写真が○○のはなし号です。

車両は2車両のみで手前に見えているのは赤いですがもうひと車両は緑です。

緑の方が1等車だったかと思います。

山陰線てたいてい赤い電車でしかも1車両か2車両しかありません。

何かとてもかわいらしく見えます。

萩についてからまず駅の観光案内に行ったのですが、そこでクーポン付きのガイドマップを頂きました・・・というより¥300で購入しました。

それは明倫館への入場券もついているので、ということで。

それを読んでいて、後で気がついたのですが、ゆかた、あるいは着物姿でそれを購入する人は無料ですって。

要するに、萩は着物がよく似あうところってことでしょうか。

それにしても、長州5など幕末の人たちがどれほど一生懸命に学問にはげんでいたか・・・あの時の日本の気構えはどこに行ってしまったのでしょうか。

県民割クーポンを使って旅行

皆さんは県民割クーポンで割安に旅行ができるのを利用されていますか?

私と娘はそれを利用して、熊本と福岡に行ってきました。

それがですね、ルールをよく読んでいなくて、コロナワクチン接種済みの証明書を持参していなかったので、フルでホテル代は払うことになりました。

まあ、久しぶりの熊本で娘も楽しんでいましたし、それはそれでよかったのですが。

熊本では驚いたことがありました。

最初は稲?と思ったのですが、この時期にそんなはずはなく、麦だと判明しました。

もう収穫時、きれいな黄金色をしていました。

久留米の向こうはずっと麦畑が広がっていました。

久留米を北に過ぎるともうそんな景色はありませんでした。

私が幼なかった時には冬には岡山でも麦が植えられていました。

母が畑で少しばかり麦を植え、収穫したらパン屋さんでパンと交換してもらったりしていました。

物々交換・・・そんな時代もあったんですね。

久しぶりの麦畑に、休田にしたままにしておくなんてもったいない、と今更に思いました。

日本が自給自足できるのなら、食べ物が有り余っているのなら何も言いませんが。

さて、県民割ですが、コロナワクチンの接種証明書は3回済みの人でないとだめなのですって。

夫は昨年心臓の手術をしたため、接種が遅れてまだ2回しかしていません。

それでは県民割は使えないそうです。

その代りに病院なりに行ってコロナにかかっていないことを証明してもらいその書類を提出すればいいそうですが。

県内だったら2回でもいい、という事なので今度の週末には萩へ、と計画を立てています。

萩も30-40年ぶりだと思います。

車だといいのですが、電車で出かけようと思うとすごい不便です。

快速もない。

ほんのこの間、ゴールデンウイークには走っていたようですが。

乗り継いでいくと4時間はかかりそうです。

乗り換え時間を入れるともっとかも。

やはり山陰側は開発が遅れているのか、と思ってしまいました。

しかし、長いこと美しい自然の景色が見えると楽しみにしています。

実は、私は松江に行ったことがなく、島根県に行こうか、とも思ったのですが、県民割のサイトを見ると島根県鳥取県の住民を除く全国45都道府県の人しかこのクーポンは使えない、と載っているのに、松江のホテル、市役所にTELしたら、利用できるのは島根、鳥取の住民だけ、と言われました。

少々、おかしいと文句を言ったのですが、そのままクーポンを使って予約を入れ、出かけて行き、またまたフルで支払いをすることになってもばかばかしいので、今の所やめにすることにしました。

まあ、何にしても割安で旅行出来たら嬉しいですよね。

梅雨に入る前に!あちこちへ、と思っています。

そうそう、今年の5月17日の独立記念日のお祝いは、ノルウェーではコロナも落ち着いてきたという事で、例年のごとくにお祝いされ街は真っ赤になったそうです。

 

 

県民割クーポンを使って旅行

皆さんは県民割クーポンで割安に旅行ができるのを利用されていますか?

私と娘はそれを利用して、熊本と福岡に行ってきました。

それがですね、ルールをよく読んでいなくて、コロナワクチン接種済みの証明書を持参していなかったので、フルでホテル代は払うことになりました。

まあ、久しぶりの熊本で娘も楽しんでいましたし、それはそれでよかったのですが。

熊本では驚いたことがありました。

最初は稲?と思ったのですが、この時期にそんなはずはなく、麦だと判明しました。

もう収穫時できれいな黄金色をしていました。

久留米の向こうはずっと麦畑が広がっていました。

久留米を北に過ぎるともうそんな景色はありませんでした。

私が幼なかった時には冬には岡山でも麦が植えられていました。

母が畑で少しばかりに麦を植え、収穫したらパン屋さんでパンと交換してもらったりしていました。

物々交換・・・そんな時代もあったんですね。

久しぶりの麦畑に、休田にしたままにしておくなんてもったいない、と今更に思いました。

日本が自給自足できるのなら、食べ物が有り余っているのなら何も言いませんが。

さて、県民割ですが、コロナワクチンの接種証明書は3回済みの人でないとだめなのですって。

夫は昨年心臓の手術をしたため、接種が遅れてまだ2回しかしていません。

それでは県民割は使えないそうです。

その代りに病院なりに行ってコロナにかかっていないことを証明してもらいその書類を提出すればいいそうですが。

県内だったら2回でもいい、という事なので今度の週末には萩へ、と計画を立てています。

萩も30-40年ぶりだと思います。

車だといいのですが、電車で出かけようと思うとすごい不便です。

快速もない。

ほんのこの間、ゴールデンウイークには走っていたようですが。

乗り継いでいくと4時間はかかりそうです。

乗り換え時間を入れるともっとかも。

やはり山陰側は開発が遅れているのか、と思ってしまいました。

しかし、長いこと美しい自然の景色が見えると楽しみにしています。

実は、私は松江に行ったことがなく、島根県に行こうか、とも思ったのですが、県民割のサイトを見ると島根県鳥取県の住民を除く全国45都道府県の人しかこのクーポンは使えない、と載っているのに、松江のホテル、市役所にTELしたら、利用できるのは島根、鳥取の住民だけ、と言われました。

少々、おかしいと文句を言ったのですが、そのままクーポンを使って予約を入れ、出かけて行き、またまたフルで支払いをすることになってもばかばかしいので、今の所やめにすることにしました。

まあ、何にしても割安で旅行出来たら嬉しいですよね。

梅雨に入る前に!あちこちへ、と思っています。

そうそう、今年の5月17日の独立記念日のお祝いは、ノルウェーではコロナも落ち着いてきたという事で、例年のごとくにお祝いされ街は真っ赤になったそうです。

 

 

独立記念日 オスロの街が真っ赤に染まる日

f:id:goldencat-cherry:20211217212926j:plain

5月の17日、昨日はノルウェーでは祝日でした。

国中、一日中、にぎやかだったと思います。

この写真は中央駅から王宮に向けてまっすぐにのびているKarl Johan Streetカールヨハン通りの17日の模様です。

正面に見える建物が王宮です。

凄い混雑ぶりがお分かりになると思います。

この日、各地区の子供たちは彼らの軍楽隊、バトントワラーとともに王宮に向かって行進します。

ノルウェーの旗を持って。

この行進はbarner's toget子供たちの列車と呼ばれます。

保護者も数人は一緒に行進します。

最終的に彼らが集まるのは王宮前の広場。

個人で王宮まで出かける人も大勢います。

たいてい皆はこの日のための晴れ着や伝統的な民族衣装を着ています。

そんなものより、彼らにとって大切なのはノルウェーの旗。

大小の旗がカールヨハン通りを埋め尽くし、通りは真っ赤に見えます。

彼らがどれほどに彼らの国旗を大事にしているか、そのことは別の記事で書いたことがありました。

日本にあるノルウェーの教会などでもこの日は特別なディナーなどあり本国と同様にお祝いをします。

この日は独立記念日と呼ばれていますが、上の絵のように日本でいう5月3日、憲法記念日のことです。

これはNorwegian Royal Familyノルウェーの国王、女王、皇太子、皇太子妃の写真ですが、彼らの子供たちを含め、この日には王宮のバルコニーで私たちに手を振ってくださいます。

それにしてもハラルド(日本のメディアではハーラルなどと記されていますが、実際はHarald,ハラルドです)国王は彼の父君、King Olafにそっくりになってきました。

皇太子妃のシンデレラストーリーは世界中に知られていると思います。

彼らはわりと自由に生活しているようです。

皇太子、それに彼の妹が子供だった頃には自転車で学校に行ったりしていたようです。

 

 

友人たち,知人に出会う meeting friends

f:id:goldencat-cherry:20220119122553j:plain

皆さんは、友人、知人に思いもかけないところで会って驚いてしまった、などという経験はありますか?

その会う確率はどのくらいだと思いますか?

私は数字に弱い、とてもじゃあ、ないけど計算はできませんのでお分かりになる方がいらっしゃったらぜひお知らせください。

日本国内での確立より海外で、となるとその確率はより低くなるのでしょうね。

しかし、それが起こったのです。

数年前のことです。

バルト3国とポーランドに旅した時のことでした。

確か、リトアニアでのことだったと思います。

十字架の丘の観光の後、あるお城(名前は忘れてしまいました)に行ったときに起こったのです。

日本からのツアーに参加しての旅だったのですが、お土産を買ったりで、ついつい妹と私はゆっくりしすぎたようでグループから遅れ、やっとお城を出ようとしていました。

出てすぐのところにある堀の橋を渡ろうとしていた時、前からやってくる一人の東洋人女性が目に入りました。

「A先生?」

そう、彼女は私の元同僚だったのです。

我が家から1丁目しか離れていないところに住んでいるのに長年会うどころか見かけもしていなかった人でした。

そんな彼女にリトアニアの古城で!

彼女は一人で旅をしていました。

世の中、こんなこともあるんですね。

一度、高校時代のクラスメートにはるか故郷から離れたところで会ったこともありました。

これは私がまだ24歳くらいだったころ、妹と信州に旅した時のことです。

仕事の休み、週末を利用しての秋の旅でした。

運悪く行きは台風に見舞われ、ホテルまでのタクシーの運転手さんには「こんな日に何しにいらっしゃった?」と問われてしまいました。

私だって同じ質問を聞きたいわ。

「予約を入れていたもんで・・・」

次の日は台風一過で晴れ渡っていましたが、木の枝があちこちでもがれていたり、で台風のすさまじさを物語っていました。

まあ、観光はできました。

諏訪湖に行って、そのあたりを散策、絵皿を描いたり…まだ持っています。

で、昼過ぎにはもう帰りの途に・・・。

それがですね、前の日は台風、その日はJRのストライキで、踏んだり蹴ったりでした。

台風の影響もあったのだとは思いますが、列車は随分と遅れていました。

松本駅は大変な混雑で列車はやっと乗れても席なんてない、名古屋までずっと立ちっぱなし、と覚悟をしていました。

が、その手前、30分くらいになり空いてきてやっと座る事が出来たのです。

それがですね、その時気がついたのです。

お互い反対方向を向いて立っていたのでしょうか、私の高校時代のクラスメートが目の前に立っていたのです。彼氏と一緒に。

後で思いました。

彼女はバツが悪くて気がついていないふりをしていたのだろうかと。

というのは、それからしばらくして他の友人から彼女は結婚したけどその時の男性が相手ではないよ、と聞いたのです。

もう一人、高校の友人に京都で会った事がありました。

彼女は旅人ではなく、京都の住人になっていました。

他にもトルコ(1999年だったでしょうか)に旅した時グループの中にいた京都出身のご夫婦に数年後イタリア、ミラノ空港で会いました。

広島県の夫婦に海外旅行中、同じ飛行機に乗っているのを発見したり・・・。

まあ、こういう人たちは私たちと旅という共通の趣味があるし、生活環境が似てて、同じ思考回路で休みを取る・・・そんなことがあるのかもしれませんね。

笑うことlaughing

福祉などという固い話を続けて書きましたので今日は「笑い」についてです。

この絵は、Alice's Adventures in  Wonderland『不思議な国のアリス』に出てくるgrinning cat、笑っている猫として世界で一番有名な猫だと思います。

笑う事は健康にたいへんいいとかです。

今日はちょっと笑ってしまう、というかにこっとしてしまうであろう写真、絵とかをアップしてみます。

この猫のようににやっとすることは英語ではgrinと言います。

普通に中学とかで学習するのはlaugh, それに微笑むという意のsmileでしょうか。

他にもchuckle声を出さずにくすくす笑う, giggleくすくす笑う, snicker冷笑する、などがあります。

laughはchuckle, giggleとは違い声をたてて笑う事です。
snickerという言葉は人のことを冷たく鼻で笑っている、そんな状態の時に使う言葉です。

そういえばSnickerというチョコレート菓子がありましたね。

When did you have a good laugh last time?

最近、皆さんは愉快な大笑いをしたことがありますか?

笑う事は健康にいいんですよ!

笑いましょう!!!

 

もう一度、grinning cat 登場です。

物語の中では一番好きな猫なので。

『不思議な国のアリス』ではこの猫はcheshire catチェシャ猫と呼ばれています。

orange tabby茶トラの猫だそうです。

tabby 縞ねこのことですが、orangeがどうして茶と訳されるんだろうね。

まあ、そう載っていましたので。

色の感覚は日本人とは一致しないようです。